お客様の声、市川工務店|横浜市青葉区|㈱市川工務店

大手に比べて30%安くなる家づくり 我慢しない注文住宅 24坪の床面積で35坪の暮らしを実現。 家は暮らしを楽しむための基地。 大切なのは「どれだけ暮らしを楽しめるか」ということ。 「スキップフロア」の魔法にかかると、どんな限られた敷地でも驚くほど豊かに暮らせます。

お客様の声

お客様の声
土地探しから協力していただき、通常よりも広い家が建ちました

横浜市緑区K様邸(2010年9月入居)

土地探しに妥協したくなかったので、20ヶ所以上の物件を見ました

私たちが家づくりを決めたのは、子供が小学生になり、このままアパートの家賃を払い続けるのももったいないと思ったのがきっかけです。
そして、私たちの家づくりは土地探しからスタートしたのです。

私は映画観賞が趣味なので、映画館のある大型ショッピングセンターが近くにあり、子供の通う小学校の学区が変わらないで住むエリアが希望でした。私も妻も今までの生活環境を変えたくなったのです。

これから一生生活をする場所を決めるわけですから、土地探しに妥協してはいけないと、希望に合う土地が見つかるまで20ヶ所以上の物件を見ました。
市川さんは、それらの土地探しから熱心に協力してくれたのです。
私たちだけでしたら、「このくらいで良いかな」と思えることでも、家づくりのプロの目で見て、本当に熱心にアドバイスをしてくださいました。

土地が決まるまで6ヶ月くらいかかりましたが、最終的に中古物件が建っている土地に決め、その物件を取り壊し、新築住宅を建てたのです。

スキップフロアを採用して広々とした家づくり

以前、設計事務所に勤めていたことがあったので、家のプランは市川さんのアドバイスをいただきながら私が作りました。
その中で、壁に無垢の木を使ったり、家で飼っている猫のためにペット用のドアを付けたりしました。トイレも猫用のトイレを置くために、通常よりも広くしています。

この物件では、通常のプランだと24坪の家しか建てることが出来ないのですが、スキップフロアを採用することで33坪の床面積の家にすることが出来ました。
もちろん、違法建築ではありません。工夫次第で同じ土地面積でも家を広くできるということなのです。
そのように家を広くすることができたので、家族の生活面積を削らなくても、私の仕事部屋を作ることができたのです。

この家に住んでみて

壁を無垢材で仕上げたために、最初は無垢の木の特性に戸惑ったことはありました。市川さんから、「無垢材はこういうことがある」と説明を受けていたのですが、実際に住んでみると、驚くこともありました。
無垢材は建材になってからも生きていて、呼吸をしています。ですから、乾燥する時期になると無垢材に含まれる水分が放出されることで気が痩せて、木と木がこすれて多少音がするようになるのです。
そういったことがあった時に市川さんに連絡すると、すぐに来てくれて改めて無垢材のことを説明してくれました。
市川さんは、ちょっとしたことでも連絡するとすぐに来てくれるので、安心ですね。
その他、建てた後に問題はありませんでした。それよりも、この家は冬暖かく、夏涼しい家なので、快適に生活しています。

快適な家を建ててくださっただけでなく、土地探しからご協力いただき、市川さんには心から感謝しています。

無垢材の木目が美しいリビング ■無垢材の木目が美しいリビング
猫ちゃん用のトイレを置くために広めに設定したトイレ ■猫ちゃん用のトイレを置くために広めに設定したトイレ
天井の低い収納スペースは、子供たちの遊び場です。 ■天井の低い収納スペースは、子供たちの遊び場です。